FX初心者Navi

FXの税金はどうなるの

確定申告の時期が近づいてきましたね。そこで気になるのは、アベノミクスのおかげで大人気のFX、株式投資などを始めた人ではないでしょうか。
そういった投資関係で利益を上げた分は税金がかかってくるのでしょうか。
最近では、かなりFXで利益を出した人であっても税金対策を行ったり、さらには納税そのものをしなかったりする人も増えてきているそうです。
そういった事もあってか、近年では個人のトレーダーに対して税務署が税務調査を強化していると言われているのです。
そこで悪質とみなされてしまうと、最悪の場合では逮捕や起訴されてしまう事だってあるのです。
FXの税金は、ほとんどの人が年間で20万円を超えて稼いだ場合は税金を支払うことになります。
FXで得た利益は確定申告をしなければならないときに税金を支払う事なので、確定申告をする必要がない場合はFXで稼いだ分の税金を支払う必要はないのです。
確定申告をしなくてはならない人は、
年間の給与収入が2000万円を超えている人、給料を一つの会社からもらっていて、さらにその所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人。
さらに給与を2つ以上の会社からもらっていて年末調整をされなかった分の収入金額と給与所得やその他の所得金額が20万円を超える人、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人、などなどいろいろな条件があります。こういった条件で考えてみると、一般的なサラリーマンの場合では確定申告の必要はないと言えますよね。今までは店頭FXに適用されてきた総合課税ですが、2012年から税率が20%一律の申告分離課税に変わったので、2012年以降に出した利益は他の所得とは区別して計算されることになります。
なので税率は所得の金額にかかわらず、利益に対して一律20%となります。
疑問なのは決済していない利益と損失には税金はかかるのかということ。
これは利用しているFX業者によって違うようなので、自分の業者をチェックしてみてください。
FXの利益を節税する方法は、必要経費で申告する事です。FXに関して必要経費をなるべく多く申告する事が節税対策といえるでしょう。何が認められるのかは税務署の判断にもよります。
FXでの税金は、いちどしっかり確認したいですね。