FX初心者Navi

レバレッジの高さだけでおススメできるFX業者はありません

どこでも25倍が上限

FX取引をしようとする人の多くが、少しでも高いレバレッジで取引をしたいと思っているようです。
では、どこまで高めることができるのでしょうか。
日本国内のFX業者は、25倍までのレバレッジしか適用できません。
比較しても条件は同じなのです。
これを嫌がり、海外のFX業者で取引をしようとした挙句、国際的な詐欺集団の餌食になる例が多くあります。
日本国内のFX業者であれば、どこでも25倍まで上げることはできますが、初心者にとっては危険地帯であることは覚えておくべきでしょう。

レバレッジとは何か?

FX業者に口座開設しただけでは、取引を開始することはできません。
証拠金と言われる一種の手付金を預ける必要があります。
そしてFX業者では、この証拠金以上の金額の取引ができます。
レバレッジとは、この証拠金の何倍まで取引をするかという倍率です。
10万円を証拠金として預けることで、最大250万円までの取引ができるわけです。
逆に、外貨預金のように自分の証拠金の範囲内で取引するのであれば、レバレッジは1倍です。
一見意味がないようですが、スイングトレードのように長期的な値幅だけを追うのであれば、圧倒的に薄いスプレッドであるFX業者の方が有利なのです。

FX業者で利益が出る仕組み

実際のFX取引は、自分が取引をした時の為替相場と逆の取引をした時の為替相場の差が利益になります。
実際には、FX業者の利益であるスプレッドがあるので、利益は少し縮小します。
当然、元金が大きければ利益が大きくなるので、レバレッジを大きくしたいのでしょうが、損失が出ても同様に拡大してしまうのです。
レバレッジを高めるほどハイリスクハイリターンになるわけです。

ロスカツトとそれ以上の危険性

ただし、相場が自分の見込みと反対の方向に動き、証拠金を超えた含み損が出そうな際には、ロスカットと呼ばれる逆方向のトレードが強制的に執行されます。
ロスカットは損失が証拠金を超えそうな時に発動されるわけですから、証拠金がほぼ全額没収されることになります。
取引を継続するのであれば、再度証拠金の払い込みが必要になります。
とはいえロスカットにより、万が一の際にも支払ができないほどの損失が出ないようになっています。
ただし、急激な相場変動の際には、強力なサーバーを備えている大手でも取引が追いつかないことがあります。
このような際には、思いがけない大損失を被る可能性があります。

初心者もベテランも安全運転

FX取引の初心者は安全運転に徹するべきです。
しばらく、レバレッジ2倍から3倍程度で取引を行い、相場の動きがわかるようになり、利益を出せるようになったらレバレッジを少しずつ上げていくのです。
日本国内のFX業者は、レバレッジ25倍まで上げることができます。
しかし、セミプロの方がスキャルピングのような大量取引をするのでなければ、10倍が現実的な上限です。
25倍では利益が出ないとばかりに、怪しげなネットの情報を頼りにして海外のFX業者で取引しようと考えるのは自殺行為です。