FX初心者Navi

デイトレード初心者の方がFX業者を選ぶ3つのポイント

どんな業者がいいのか

FX初心者の方が、デイトレを始めようとする場合、どこの業者を使うか迷うことが多いはずです。
最近は、テレビで大手が大宣伝をしていますから、出演しているタレントさんに引かれることが多いかもしれません。
しかし、デイトレでおススメなFX業者はそのような基準で決まるものではありません。
FX取引の目的は利益獲得のはずです。初心者でもプロでもそのことは変わらないはずです。
利益を最大限に獲得できるFX業者がおススメなのです。
そのような業者選びは難しくありません。3つのポイントを確認するだけです。

スブレッドは最優先

FX取引のような外国為替取引は、取引時の手数料の多寡が最大のポイントです。
スプレッドと呼ばれる、この手数料は米ドルの場合は1ドルあたり大きくても2銭、少ない場合は0.5銭を下回ります。
このスプレッドは、通貨により差があり、米ドルやユーロのような取引量が多い通貨は安く、取引量が少ない通貨は高めになります。
いずれにせよ、スプレッドが少ない業者を選ぶことが最優先です。
ちなみに、銀行の外貨預金は、1ドルあたり1円です。
FXのスプレッドがいかに少ないかがわかっていただけると思います。
この差は、米ドルという現物を引き渡すか、ペーパー上の取引であるFX取引の差なのです。

情報不足は失敗のモト

しかし、スプレッドがいくら少なくても、売買がやり難かったり、情報提供が少なかったりするFX業者は結局取引ができないので、利益を上げることができません。
スプレッドが少ないFX業者の中には、売買システムが使いにくかったり、情報提供をほとんどしていないケースがあります。
コストダウンとの比較衡量という面がありますが、こと初心者の方という面で考えると、売買システムが貧弱だったり、情報提供が少ないFX業者は避けた方が賢明でしょう。

設備で決まるFXトレード

3点目は、取引量です。
いくらスプレッドが低くても、情報が多くても、自分の出した注文が約定されなければ取引ができません。
約定力とも呼ばれる、取引の通りやすさは案外見落とされがちな点ですが、これを見落としている人が多いようです。
この観点でFX業者を選ぶ手立てとしては、口コミが一番だとも言われていますが、他の業者に比べてサーバー等の設備投資に積極的なFX業者は約定力が高く、実際のトレードもしやすいことが多いです。

設備が整っている業者なら結果を出しやすい

結論を言えば、スプレッドが低いことが大前提ですが、サーバー等の設備投資に積極的な業者が使いやすく、チャンスを逃しません。
株式投資などと比べて、文字通り「生き馬の目を抜く」ような精密射撃的なトレードが要求されるのがFX取引なのです。