FX初心者Navi

スキャルピングで勝負するならこんなFX業者がおススメ

プロ向け取引にはそれなりの環境が必要

スキャルピングは、デイトレードの中でも瞬発力が要求される取引です。プロトレーダーの取引形態に一番近く、文字通りハイリスクハイリターンの取引です。
初心者には勧められませんが、ある程度の実績を積んでいる経験者の方であれば、取り組んでみたい取引手法でしょう。
しかし、一般のFX業者は初心者も含めた、広いターゲットの顧客を相手にしています。
そのため、必ずしもスキャルピングに都合がいいわけではありません。
結果として、情報量は最低限でもいいので、とにかくスプレッドが低くて、確実にトレードした取引が通る約定力の高い会社選びが必須になります。
場合によっては、今までのFX業者ではなく、新しいFX業者に口座開設する必要が生じるかもしれません。

スプレッド最優先

スキャルピングでは、必要最低限の情報しか必要としません。
というか、多くの情報を見ている余裕がないのです。
そのため、テロップに流れるロイターやブルームバーグのニュースだけで十分なのです。
そうして、必然的に売買回数が増加します。
ちょっとした値動きに反応して取引をするわけですから、値幅は広くありません。
しかし、これを積み上げることで利益を出すのです。
つまり、スプレッドが低くないと利益が出ないのです

とはいえ、約定力が劣っていたら意味がない

スキャルピングをする方はドル円のようなメジャーな通貨ペアでしか勝負をしません。
メジャーな通貨ペアでないと、相場に波が出ませんから売買取引ができないのです。
何度も取引を繰り返しますから、当然約定力が高い業者であることが必須です。
いくらメジャーな通貨だからとはいえ、取引が成立しなければ意味がありません。
スキャルピングという取引の性格上、スプレッドが少ないFX業者を選ぶことは必須でしょう。
しかし、そのような業者の中には、コスト削減のために設備投資を最低限にしていることもあります。
ロイターやブルームバーグのような情報も大切ですが、それ以上に大切なのが約定力です。
約定力を高めるためには、設備投資が大切です。
最近の投資はコンピューター投資が主流なので、業者のIT能力が問われています。
その最たる例がFX業者であり、プロ並みの取引回数をこなす設備能力が必要なのです。

スプレッドと約定力だけが重要

スキャルピングは、取引回数で稼ぐ「薄利多売」型の取引手法です。
そのため、手数料であるスプレッドが薄い方がいいのですが、業者自体が「取引回数」だけを重視していると肝心な約定能力が劣ります。
スプレッドだけではなく、業者自体の能力である約定力にも注意を払うことが必要になります。
言い方を変えれば、他の項目を検討する必要はないわけです。