FX初心者Navi

落ち着いて取引ができるスイングトレードができるFX業者のおススメ

スイングトレードは大手がおススメ

スイングトレードは、デイトレードのように超短期間の取引をするのではなく、2日から1週間程度の相場の波により、利益を稼ごうとする取引手法です。
外国為替のプロは、瞬発力が要求されるデイトレードを強いられていますが、本音はスイングトレードの方が、腰を据えた取引ができて有利だと言われることが多いです。
比較的ビギナーの方に勧められることが多いスイングトレードですが、初心者だからこそ長く付き合えるFX業者で口座を作ることが大切です。
結論から言えば、スプレッドの少ないFX業者を優先するのではなく、情報提供が多くて初心者向けのコラムや研修教材が多い大手の方がおススメです。
また、細かい話ですが、日本円と外貨の金利差をひろうためのスワップ金利も業者選定のポイントです。

トレンドを読むには情報が不可欠

スイングトレードの基本は、トレンドと呼ばれる相場の波を読むことですが、ただ単に日経を読んでいるだけでは不足です。
やはり、ロイターやブルームバーグなどの有料情報サービスが必須です。
しかし、そのような情報を個人で契約することは現実的ではありません。
だからこそ、FX業者が提供してくれる情報が大切なのです。
生き馬の目を抜くと言われるFX取引です。正確でスピーディーな情報は何物にも代えられないのです。

チャートなどの判断材料も大切

また、スイングトレードは、過去の通貨の変動も判断に重要な要素となります。
米ドルなどのチャートは、どのFX業者でも提供してると思われがちですが、案外提供されているデータには差があります。
相場のトレンドを探るための取引手法としてチャートを利用することが多いです。
そして、そのような取引手法を知るためには、研修教材が多い業者が有利です。

金利はバカにならない

スイングトレードは、1週間程度の期間、外貨を持ち続けることになります。
この場合、無視できないのが利息です。
FX取引の場合、スワップ金利というのですが、低金利の日本円なので、外貨として持っていた方が高金利なのは当然です。
とはいえ、どの通貨でも同じ金利ではなく、選択した通貨ペアによって金利が変わります。
このスワップ金利だけで利益に差が出てくるのです。
当然、会社によってスワップ金利は違います。
案外差があるので、要チェックです。

結局大手がおススメなのです

FX初心者がスイングトレードをしようとする場合、自分の知識を増やすことができる動画やコラムが多い大手はお勧めです。
このような大手は、情報提供量も多いため、利益を上げやすいのです。
また、利益を上乗せするためのスワップ金利のチェックも忘れてはいけません。