FX初心者Navi

スキャルピングの基本、コツをおしえて

スキャルピングはFXの醍醐味

スキャルピングとは、FXの取引方法の一つで超短期的な売買によって利益を確定する投資手法です。
トレンドと呼ばれる波にのるのがFXの鉄則ですが、その期間が早いと数秒で起こりえます。
デイトレードのさらに高速版で、一日に何百・何千回とトレードする人もいるほどです。
まさにスキャルピングはFX投資の醍醐味といえるトレード方法です。

 

一回の利益は薄くてOK

スキャルピングのやり方はいたってシンプルです。
基本的に1日の中で、安くなった時に買って、高くなった時に売る。
FXは売りから入ることもできるので、逆パターンも可能です。
トレードの時間が短いですが、薄い利益を積み重ねることで大きな利益を得る投資方法でもあります。
それゆえ、一回の売買での利益は少額で、とにかく取引を重ねることが重要です。
トレードをしている間は相場を見続ける必要がありますし、売買には瞬発的な状況判断が必要なので、集中力とともに勘の鋭い人に向いている取引手法です。

 

効率の良いスキャルとは?

スキャルピングとは、短いスキャルを繰り返すことなのですが、効率の良いスキャルを行うためにはチャートを分析する必要があります。
参考にするチャートは基本的に1分足チャートで、値動きを常に把握する必要があります。
この1分足スキャルは、値幅も小さい分、コツコツと利益を確定できるメリットが大きいです。
日足や時間足も参考にしますが、より短い時間足の影響を受けやすいのがスキャルピングです。

 

取引に向いているFX業者と通貨ペアとは

スキャルピングは毎日売買を行う上、回数の頻度も高く瞬発的な決断力が反映されないと利益から一転、損益に変わってしまう取引手法です。
従って、高速な売買に対応しているFX業者を選ぶ必要があります。
確かめる方法としては、約定率の高さや約定スピードの早さ、システムのトラブルがないかどうかです。
口コミでも確認できますし、FX業者のサイトでもシステム異常などは必ず報告がなされています。

同時に、売買回数が多いということはその分手数料がかかるということでもあります。
利益を確定しやすいボラティリティ(流動性の高さ)があるもので、取引コストが安い通貨ペアを選ぶのが妥当です。
例えば、米ドル/円やユーロ/米ドルなどです。
自分が扱いやすいと思う通貨ペアを選択し、あれこれ選ぶのではなく、集中して取り組みのがオススメです。
また、初心者は動きが大きすぎると大損しやすい取引でもあるので、比較的動きが穏やかで、体内の時間を合っている東京市場での取引からスタートするのが適しています。